«前へ | TOP | 次へ»

2006年10月13日

禁煙 禁煙計画

さて禁煙を見事に(?)1発で成功させるための計画を考える。
精神力がものすごく強かったり我慢強い人なら楽勝なのだろうがさゆぼうは自分にそんな過大な期待はできない。さゆぼうは我慢とか根性とか努力とかは大の苦手なのだ。

まずなぜタバコをやめるのが難しいのか。これはニコチン中毒症状が上げられる。ニコチンは麻薬と同じく習慣性があり、やめようとすると禁断症状が起きるらしい。
しかし、ニコチン自体は3日タバコを吸わなければ体内から無くなるので3日が勝負だそうだ。

だが前回の禁煙で1ヶ月で挫折したさゆぼう。当然ニコチン中毒から抜け出していたはずなのになぜ挫折してしまったのか。

タバコには精神的依存というものもあるらしい。これがなかなかやっかいで、ニコチン中毒から離脱しても精神的依存が残っているとついまた吸ってしまう。そして1本吸うとまたニコチン中毒に逆戻り。う〜ん。

ニコチン中毒の3日間すら乗り越えるのはさゆぼうにはかなり難しそうなので禁煙補助グッズを考える。10年前はパイポぐらいしかなかったが最近ではニコチンガムとかニコチンパッチなど禁煙補助のバリエーションは確実に増えている。ニコチンガムはまずいらしいのでニコチンパッチを使うことにした。医者で処方してもらうと安いらしいが病院嫌いのさゆぼうは個人輸入代行業者さんからニコダームというやつを入手。ニコチンガムは薬局で売ってるのでいざというときは頼ろう。

しかしニコチンパッチだけではかなり心許ない。というのはさゆぼうたばこ税値上げの時にスヌースという口の中に入れるタバコに乗り換えることを試したのだが、口の中に入れてちゃんとニコチンを吸収していたにもかかわらず出したとたんに普通のタバコを吸いたくなった。ニコチンだけ足りてりゃいいというものでもないらしい。精神的依存というやつか。

禁煙大国アメリカではザイバンという抗うつ剤を禁煙補助として使っているそうなのでこれも考える。でもなーなんか精神コントロールを薬品でするって抵抗あるなー。

ニコチンがないタバコがありゃいいのに。と思ったらそういやある。禁煙草ってのは有名(しかし高い)、他にもエクスタシーシガレットってのが調べたらあった(麻薬のエクスタシーとは別物です、念のため)結構手軽に買えるお値段。
大きいたばこ屋さんでは扱っているらしいが面倒なので以前スヌースを買ったネット通販のお店に注文。結構まずいらしいが、ニコチン中毒にならないのでどうしても吸いたくなったとき用ということで。すぐ吸いたくなる気がして1カートンも買ってしまった。

ということでさゆぼうの禁煙はニコダームとエクスタシーシガレットを使ってトライすることとなった。

投稿者 sayubou : 2006年10月13日 00:13

« 前へ | TOP | 次へ»

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:

コメント

コメントしてください

このエントリーの感想を書いてくれるとさゆぼうが喜びます。
ブログの趣旨に合わない内容のコメントはさゆぼうの判断で掲載しない場合があります。




保存しますか?


投稿ボタンは1度だけ押して下さい。サーバーの関係で反応が遅いですがきちんと投稿されていますので何度も押さないで下さい。